二人目不妊でつらいこと

一人目の子が私の子と同じ年のママ友、私より後に出産したママ友、どんどん二人目を妊娠・出産していくのを見ているのが「辛い!」街中で見かける兄弟・姉妹、子連れの妊婦さんが気になってしまう。何で私だけ二人目不妊なの?思うほどに辛くなる。二人目不妊だからこそつらいことを書き出してみました。

 

二人目不妊、どんな時がつらい?

二人目妊活を開始して、いつからこんなにつらくなってきたのでしょう?

一人目はすぐに授かれたのに、二人目がこんなに授かれないなんて思いもしなかった・・・そんな気持ちの分、余計につらくなってしまったりしますよね!

一人目を出産して仲良くなったママ友、児童館で仲良くなった同世代の子をもつママ友が、どんどん二人目を妊娠していく。最初のころは素直に「おめでとう!」って言えてたのに、いつのころからか、妊娠報告を聞くのが怖くなってきたりしませんか?無事出産できておめでたい事なのに、「おめでとう!」って言ってあげたいのに、生まれた子の画像をみて涙が出てくる・・・「私だって二人目望んでいるのに、何で・・・」なんてことありませんか?

「おめでとう」が素直に言えないと思ってしまう自分にも嫌気がさしたり・・・そんな気持ちになるのもつらいですよね?

周りに二人目ママ三人目ママが増えてくると、二人育児三人育児の話題が中心になってきて、一人っ子で会話にもついていけず、二人目を望んでいるばかりにつらい気持ちになってしまいますよね。

「一人生んでるんだから、次も大丈夫よ!」なんて事も言われてしまったりすることもありますね。苦笑いしかできなくて、内心「でもできないのよ!」なんてつらくなってしまう。

「二人目を望む気持ちはだれよりもあるのに」なんていう風に考えてしまいます!考えすぎはよくないと言いますが、そう思うと余計に考えてしまいつらい気持ちが湧き上がってきてしまうものです。

時間が掛かってしまうと、街中の兄弟・姉妹や子連れの妊婦さんを見かけるだけでつらいと思ってしまったり。

二人目不妊治療を始めても、なかなか結果が出ないと余計に焦ってしまいステップアップする毎につらい気持ちになってしまいます。

二人目不妊の場合、病院を受診するのが遅くなってしまう場合が多くあります。

『一人目が自然妊娠だったから!』と二人目も自然妊娠できるはず!と思ってしまいがちで、そうなるとリセットが続いてもなかなか『不妊』だとは思えないのです。結果、受診するまでに結構な時間が過ぎていて、思うように結果が出ないとさらに時間が過ぎ、「何でこんなことになってしまったのだろう?」「何でもっと早く受診しなかったのだろう?」と自分を責めてしまったり、後悔したり、つらい気持ちがなかなか拭えなくなってしまいます。

二人目不妊になって初めてわかる不妊のつらさ、それでも一人目不妊はどれだけつらいのだろう!私は一人いるんだからつらいなんて贅沢なんだ!と思ってみても、ママ友の子供たちを見ているとやっぱり・・・負のループから抜け出せない。

二人目の事を考えると、二人目不妊という現実が本当につらくなるものです。

 

二人目不妊、つらいときはどうしよう?

では、つらい気持ちをどうすれば乗り越えられるのか、経験談を基に考えてみました。

まず、人間、誰でもいろんな場面でつらい気持ちになる事ってありますよね!

だから、不妊で悩んでつらくなる事って本当に自然な事だと思うんです。つらいと思う事は決して悪い事ではないし、つらい経験から、人の気持ちを考えられるようにもなったり、気遣いができるようになれるチャンスだと思うんです。

「私、二人目不妊なの!つらいの!」ばかり考えてしまってはどんどん負の連鎖に陥ってしまいストレスばかりが増えてしまう危険性はあります。

二人目不妊という事は、大切な子供が一人はいるわけで、それだけでも幸せな事ですよね!勿論!そんなことはわかっていると思うんです、でも、つらいと思ったら、改めて、「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちを持ってみてください!少しずつでも前向きになれるのでは!と思います。

つらいと思ったら、少しやすんでお子さんと向き合ってみてください。

無垢の笑顔で癒されましょう。