二人目不妊のステップアップはいつするべき?注意点とアドバイス

2人目が欲しいのになかなか授かれない。1人目は自然妊娠だったのになぜ?これは病院へ行くべき?ステップアップした方がいいの?妊活中も歳月は待ってはくれません。焦らず妊活ができるよう、病院へ行くタイミング・ステップアップするタイミングを逃さないために経験談をまとめました!

 

二人目不妊のステップアップへはいつするべき?

1人目は自然妊娠ですぐに授かったのに2人目はなかなか授かれない・・・

なんて悩んでいるママさんたちって意外にいるんです。

自然妊娠ゆえに毎月のリセットを繰り返しても不妊治療にステップアップするまでに時間がかかってしまう人も多いようです。

2人目妊活を始めて、リセットを繰り返している間に周りのママ友は2人目3人目と次々に妊娠出産。

自分より後に1人目を産んだのに2人目は私より先。

気が付けば1人っ子はうちの子だけ。

1人目との年齢差がどんどん開いていく。

身内からの2人目催促。

そんな状況がどんどん焦ってしまう。

それでも「1人目は自然妊娠だったからそのうちできる!」となかなか婦人科受診にまで到達しません。

現在、妊娠を望み夫婦生活を続けて1年間妊娠しなければ「不妊」と言われています。

これは妊娠を経験したことのない定義ですが、1人目を出産後、授乳期間を1年間とした場合、授乳期間は含まず出産から3年経過すると2人目不妊となります。

 

<2人目不妊の原因>

  • 1人目出産時より年齢が上がっている事
  • 1人目の子供中心の生活になり夫婦生活の減少
  • 育児や仕事のストレス
  • 1人目の出産が不妊の原因になる
  • もともと不妊の原因がある

 

女性は1人目の時より年齢が上がっている事により卵子の質や卵巣機能の低下が進み、1人目育児のストレスからのホルモンの乱れが不妊原因になってしまいます。

実はもともと不妊原因があり1人目はタイミングよくできたという場合もあります。

男性は夫婦生活の減少で精子の老化や仕事のストレスでの精子の状態が悪くなってしまいます。

 

婦人科を受診するタイミングは?

卒乳をして2人目妊活を始めて1年妊娠しなければ不妊を疑って婦人科を受診するタイミングだと思いますが、自身の年齢が高ければ早めの受診が望ましいです。

特に、「1人目自然妊娠」に拘って受診を先延ばしにするのはおすすめしません。

 

 

二人目不妊のステップアップのときの注意点・経験からのアドバイス

まず、経験談ですが、37歳で2人目妊活を始めてすぐに授かると思っていたもののなかなか授かれず、4ヶ月が過ぎたころに基礎体温を測り始めそこから1年経ってやっと婦人科受診をしました。

この時点で2人目妊活開始から1年4ヶ月経過。39歳。

最初の診察で、問診と血液検査と主人の精子検査をしました。

結果は、私はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)、主人は精子の運動率が少し劣っているとの事でした。

この結果をうけ、年齢の事もありタイミング指導を飛ばして人工授精からのスタートになり、人工授精を1年で9回行い成果が得られずやっと体外受精へステップアップしました。

なぜ、こんなに人工授精を行ったのか?なぜもっと早くステップアップしなかったのか?

婦人科を受診すると決め、病院選びで色々と検索しましたが、未就園児がいる不妊治療の為子連れでも通いやすいところが条件に入ります。

そして、1人目は自然妊娠だった事で不妊治療専門の病院ではなく、一般の婦人科クリニックを選びました。

このクリニックでは人工授精までしか行っていませんでした。

それでも、「1人目は自然妊娠」だった事が人工授精ならすぐに授かれると思い込んでいたので何も疑わずに人工授精を行っていました。

高度生殖医療(体外受精)を行っている病院なら人工授精4~5回で結果が出なければステップアップを打診されますが、人工授精までしか行っていないクリニックだった為ステップアップも自身で決めていかなければいけませんでした。

その結果が、9回の人工授精の後転院して体外受精へのステップアップです。

2人目妊活でなかなか結果が出ないと思ったら、受診するタイミングだと思います。

年齢が若ければ一般の婦人科でもいいと思いますが、35歳以上だったり基礎体温のバラつきがあったり、産後数年経っているのに生理周期が安定しないなどがあるのであれば最初から不妊専門の病院を受診することをお勧めします。

また、子連れでの受診になるので受診前に病院へ問い合わせ子連れ受診が可能かを予め聞く事もお勧めします。

私が最初に受診したクリニックでは診察中はスタッフに子供を預けられました。

転院先のクリニックでは子供を預けられないので診察室・内診室に一緒に入ります。

そして、検査内容によって、人工授精・体外受精の為の採卵では子供を連れていけないのでその場合の子供の預け先を確保しておくこともお勧めします。

不妊治療はステップアップするごとに受診回数は増えていきます。

人工授精や採卵するにあたり排卵付近では連日受診することもあります。

なかなか授かれない悩みや不安がある上に病院通いまでがストレスにならないよう、通いやすい病院を選ぶことが大切です。

ネットで口コミ検索をして気になる病院があればどんどん問い合わせてみて、スタッフの対応なども確認することをお勧めします。

 

また、二人目不妊となると年齢のこと、そして卵子の老化についても気になります…。卵子の老化は実年齢よりもより進んでいる可能性があり、普段から卵子の老化に対してもアンチエイジングの為の食生活や栄養素が必要で、特に葉酸サプリと、鉄分ミネラルが豊富なルイボスティーは今、妊活にも効果があるとして注目されています。

 

私が今実践で飲んでいるルイボスティーはエルバランシアという、妊活不妊に最も効果があると言われているルイボスティーです!

 

詳しくはこちらのサイトでご確認ください☆

妊活・不妊治療に効果あり!卵子の老化の防止にはエルバランシアのルイボスティーがよく効くみたいです。

 

「1人目は自然妊娠だったから」と軽く考えず、自身の年齢・2人目妊活期間が長くなってきたら一度受診や問い合わせをすることをお勧めします。

 

全てにおいて「1人目はすぐに授かった」「1人目は自然妊娠だった」事に高を括ってしまいステップアップのタイミングをずらしてしまったと思っています。

2人目妊娠までに時間がかかりすぎないよう率先してステップアップしていくのが大切だと痛感しました。