35歳からの二人目不妊治療

1人目を出産してからなかなか二人目が授からなくて、やっと病院に行く決心がついたけど、35歳からの不妊治療って遅い?成功率を高めるためには何か出来ること大切なことはある?35歳からの二人目不妊治療で時間をかけないために、身体の事、出来ることを考えてみました。

 

35歳から二人目不妊治療は遅い?

1人目が自然妊娠だったから二人目も・・・なんて考えが間違いだった!

そう思ったことはありませんか?

1人目が割とスムーズに授かると、二人目も同じように授かると思っていて、いざ二人目妊活を始めるとなかなか授かれなくて、気付いたら35歳を過ぎてしまい、焦りも募ってやっと病院へ・・・なんて事や、晩婚化の現代では30歳を過ぎて1人目を妊娠出産が珍しくはないので必然的に二人目を望んだ時には35歳を過ぎていることが多くあります。

では、35歳からの二人目不妊治療って遅いのでしょうか?

不妊治療は、生理周期に合わせてタイミング療法→人工授精→体外受精(顕微授精)とステップアップしていきます。

この流れは一人目、二人目不妊治療とで変わることはありませんが、年齢や検査結果によってはタイミング療法を飛ばして人工授精や体外受精に進めるケースも少なくはありません。

1人目が自然妊娠だったから、妊娠できる身体であるはず!と思っていても、1人目の時から歳を重ねているわけですから卵巣年齢も同じく歳を重ねますし、卵子も老化しています。そして、実は不妊の要素を持っていたり、1人目出産後のホルモンバランスの乱れや1人目育児が中心の日々に夫婦生活の減少から二人目がなかなか授からず二人目不妊になってしまうことが多くあります。

二人目不妊を疑って病院を受診し、治療が始まると、検査結果によりますが医師からも「1人自然妊娠で産んでいるから!」という考えのもと治療を進めていくことが多いです。

この「1人自然妊娠で産んでいるから!」は医師からの見解でも妊娠力はあるし、受精力もあるだろうという事です。

健康な女性の場合、35歳での1年以内の自然妊娠確率は約80%とされているからです。

1人目が自然妊娠からの二人目不妊では主だった不妊原因が判明できないことも多々ありますが、そういった場合、35歳くらいでしたらタイミング療法からスタートして数ヶ月毎に徐々にステップアップしていくケースが多いでしょう。

二人目不妊にはなってしまったけど、1人目は自然妊娠だったし、不妊治療をすればすぐに授かれる!

なんて思って治療をスタートしたのに、思うように結果が出ない!なんて事も少なくはありません。

1人目出産後から歳も重ね卵巣機能や卵子の低下、幼い1人目のお子さんの育児もあり思うようにいかない事の連続、不妊治療の時間がかかればかかるほど心も身体も負担は増えていきます。

二人目不妊治療に時間をかけないためにも、規則正しい生活、食生活、適度な運動を治療とともに意識していくことが大切です。

 

35歳からの二人目不妊治療で意識していくこと

二人目不妊治療をしていくにあたって、自身で出来ることがあります。

規則正しい生活、朝・昼・夜の三食をきちんと取りましょう。特に朝食を取らないと自律神経の乱れにもつながるので、時間がない朝でも簡単にでも取りましょう。そして起床・就寝時間も整えて毎日の生活リズムを作っていきましょう。

バランスのとれた食生活、妊娠するために食生活を見直しましょう。

血液を作る赤い食材・にんじん、トマト、パプリカ、サバやカツオの赤身魚、牛肉など。

ホルモン力を高める黒い食材・黒米、黒ゴマ、黒豆など

タンパク質・納豆、卵、乳製品

抗酸化作用のある食材・カボチャ、にんじん、アボカド、ブロッコリー、ナッツ類

身体を温める食材・ごぼうやレンコンなどの根菜類、生姜

こういった食材をバランスよく摂取して妊娠しやすい身体作りを!そして、妊娠した女性は葉酸を取るように言われますが、実は妊娠を希望する女性にも必要なのです。妊娠3ヶ月前から妊娠5ヶ月頃までが一番葉酸が必要な時期なので、妊娠を希望するならば葉酸も必要な栄養ですね。

適度な運動・妊活中の運動では血行促進で冷え性の改善、卵巣や子宮機能低下の改善とホルモンバランスが整えられるという、妊娠に不可欠な身体作りが目的です。

激しい運動は必要ありません、ヨガ・ストレッチ・ウォーキングなどリラックスして毎日続けられる運動を取り入れましょう。

二人目不妊は時間が経過してしまってから治療を開始するケースが多くあります。妊娠しやすい身体作りをして治療を進めていきましょう。