40歳からの二人目不妊治療

晩婚化の現代では1人目妊娠出産時の年齢が35歳以上の女性が増えています。二人目を望み二人目妊活を始めてもなかなか授かれず、気付けば40歳に・・・なんてことも、40歳からの二人目不妊治療って治療方法はあるの?大丈夫なの?と気になります。40歳からの二人目不妊治療について考えました。

 

40歳からの二人目不妊治療はできるの?

晩婚化が進み、1人目を35歳以上で出産し育児が慣れてきたところで二人目を考える女性は多いと思います。

1人目が35歳以上の高齢出産でも自然妊娠だと、二人目も夫婦生活を行っていれば授かると思う方は多いと思います。

もちろん、それで二人目を授かる女性も少なくありませんが、逆に、なかなか授かれず二人目不妊で悩む女性も少なくありません。

1人目を出産してから当然年齢が上がっているので、女性の卵子の老化や卵巣機能の低下、男性も精子が老化・劣化していくので、受精しづらくなり妊娠しにくくなる主な原因になっています。

では40歳になってからの二人目不妊治療はできるのでしょうか?

まず、不妊治療の流れとしては、排卵周期をみながらタイミングを取るタイミング療法、採取した精子を直接子宮内に注入する人工授精、採卵した卵子と採取した精子を体外で受精させる体外受精・顕微鏡で見ながら直接卵子に精子を注入する顕微授精があります。

二人目不妊治療でも流れは同じですが、40歳という年齢と検査の結果しだいでは治療の手順は変わってきます。

そして40歳という高齢では妊娠中に血圧が高くなったり尿にタンパクが出たり帝王切開につながることもある妊娠高血圧症候群になるリスクが高くなったり、ダウン症などの染色体異常障害先天性異常障害をもった子供が生まれてくる確率も高くなってきますし、胎児に染色体異常が起こりやすいため流産や早産のリスクも高まります。

40歳からの二人目妊娠治療はできますが、様々なリスクが高まることは理解していましょう。

そして治療が長引かないように、リスクを少しでも減らせるように規則正しい生活・バランスの良い食生活・適度な運動で身体作りをしていきましょう。

とくに、胎児の成長にも重要な葉酸は妊娠を希望したら積極的に取っていきましょう。

 

40歳の二人目不妊治療体験談

私の治療経験ですが、私は39歳で二人目不妊治療を開始し、1年間人工授精を受け1度も着床することなく40歳で体外受精へとステップアップしました。

私の場合不妊原因は『多嚢胞性卵巣症候群』です。

これまでに2回の採卵を行い2回とも2つの卵子が取れました。

採卵は多ければいいという事ではありませんが、採卵できた卵子が少なければ受精・移植で失敗する毎に採卵からやり直しになるのでその分費用が掛かります。

1回の採卵で20万前後かかり、その後の培養で6万~15万です。排卵誘発の内服・注射なども含め1周期で30万~40万程かかりました。

1度目の採卵、体外受精結果は1つは受精後、分割し胚盤胞まで培養できましたが、移植しても妊娠はできないグレードの胚でした。もう1つは受精後、5日目で受精卵の成長は2~3日程の成長しかしていませんでした。

そのため、2つとも凍結まで至りませんでした。

2度目の採卵、体外受精結果は1つは異常受精で2つの精子が1つの卵子に入ってしまっていました。もう1つは受精後、1度目と同じく成長が著しく遅く2度目の体外受精も凍結できずに終わりました。

体外受精はできるけど、体外だと受精卵が成長できない!という見解で、次回は受精したら2日程で凍結し、次の周期で体内に戻した方が成長できるかもしれない!ということになりました。

凍結できない、移植もできないという事にはかなりのショックがありましたが、医師からまだ方法がある!と言われれば希望は見えてきます。

そして次の周期では、卵巣刺激ホルモン(FSH)の数値が思わしくなく、妊娠できる卵子が取れる確率が低い!という事で、ホルモン注射を打ちこの周期は見送りとなりました。

加齢が原因との事でした。

現在は次の周期を待っている段階です。

1人目が自然妊娠で授かっているから二人目も・・・と思っていた分、二人目不妊になり、治療が思うように進まない現状をみて、何でもっと早くに病院へ行かなかったのだろう!なんでもっと早くステップアップしなかったのだろう!と後悔もしています。

二人目とはいえ40歳の不妊治療は難しいことには変わりません、『諦めること』も頭を過ぎります。それでも諦めきれない気持ちが強いのならば、身体作りをより意識して治療を進めていくしかありません。

1人目が自然妊娠だったからと安心せず、高齢であれば早めに治療を受けることが大切ですね。