手の甲のシミに効果がある市販品一覧!

更新日:

 皆さん日頃手の甲のシミに悩んでいる方が多いようです。手の甲のシミ市販品で効果のあるものがあったら嬉しいですよね!それから手の甲のシミビタミンCの効果はいかに?少しでも改善していくために今回手の甲のシミ市販品と手の甲のシミビタミンCの効果について調べてみました。

 

手の甲のシミに効果がある市販品

手の甲のシミには市販品で体の中から対応することができます。

手の甲のシミの原因は肌のターンオーバーが正常に行われず、メラニンの排出がうまくいかないことが原因です。

シミに対する即効性はありませんが、体の中からシミ体質を改善しましょう。

シミへの効果が認められている市薬品ここでは4つあげていきます。

 

1ロスミンローヤル

シミだけでなくうれしいことに小じわにも効く効用があります。できてしまったシミそばかすを薄くして小じわや肌荒れを緩和する女性の為のお薬です。雑誌などでも多く紹介されています。

 

2キミエホワイト 

シミ・そばかすだけでなくニキビ・湿疹・かぶれなど肌トラブルなどにも効果プラスの効果があります。医薬品有効成分L-システインが増量されています。1日1錠でとっても飲みやすくなりました。

 

3シミトール

まずはビタミンCだけ取りたい方におすすめ!シミトールは創業60年の 水橋保寿堂という製薬会社が作ったシミを緩和するお薬です。
シミのお薬の定番であるL-システインは入っていませんがアスコルビン酸(ビタミンC)を1日分・6錠で2000㎎取ることができます。
サプリメントと違い、効果が認められているお薬なので効果を実感している口コミも多いのが自慢です。お薬でのシミの解消は長く続けることが必要なので価格的にも「続けやすいシミのお薬」として信頼を持っています。

 

4ハイチオールCホワイティア

L-システインは抗酸化作用を持つアミノ酸です。シミの原因となるメラニンの生成の仕組みに働きかけ、過剰にできたメラニンの生成を抑制し、シミの原因となる黒色メラニンを無色化します。さらに肌の代謝(ターンオーバー)を正常化し、過剰にできた黒色メラニンをスムーズに排出します。

 

 

などがあります。どれも同じ様に見えますが、中をよくチェックすると結構違います

 ただ、シミの解消成分としてのL-システインの有無やその他の配合成分からみて、総合的にシミの予防改善効果が最も期待できるのはキミエホワイトとロスミンローヤルです。

 

今そこにある手の甲のシミをこれ以上ひどくしたくないなら、まずお薬からスタートするのはとても有効です!

もちろん、お薬の効果は個人差がありますが「これは自分に効果的!」と感じるものからすぐに試してみることをおすすめします。

 

手の甲にビタミンCの効用は?

 

手の甲のシミを予防するのにはビタミンC誘導体が効果的です。ビタミンCは、もともと安定性が悪く、肌への浸透力がありませんでした。しかしビタミンCを誘導体化することで、酸化しにくい安定型にすることができました。そして、誘導体にすることで肌に浸透しやすくなり、肌へ浸透してからビタミンCに変化するというメリットが誕生ました。

 

ビタミンC誘導体の5つの作用

活性酸素を抑制する抗酸化作用

2できてしまったメラニンを還元する作用

3新陳代謝を促し、お肌のターンオーバーを正常に戻す作用

皮脂分泌のコントロール作用

5コラーゲン生成を促進する作用        

 

手の甲のシミに対しての効果はメラニン色素が生成される過程で働きかけるため、シミに効果があるとされています。しかも、メラニン還元作用を持つ成分はビタミンC誘導体だけと言われています。手の甲のシミは紫外線の影響によるもので、メラニンが大きく関係していることは言うまでもありませんね。

 

なので、ビタミンC誘導体を手の甲のシミに使用することで、メラニン色素を還元し薄くしてくれるのです。コラーゲン生成を助けてくれるので、お肌の状態を良い方向へと導きます。

ついでに、シワやたるみにも効果を発揮してくれるので、若々しい見た目の手の甲を取り戻す手助けをしてくれます。

お肌の状態を見ながらビタミンC誘導体配合の化粧品を使用することをおすすめします。

また、保湿をしっかり行うことも忘れずに!!

 

Copyright© KIREI肌ラボ , 2021 All Rights Reserved.