今年こそは日焼けしない!手の甲の日焼け対策と焼けたあとの対処法

投稿日:

手の甲に日焼けを繰り返すと、将来シミになってしまう恐れがあるので、日焼けしないように、対策することが大切です。

しかし手の甲はうっかり日焼け止めを塗り忘れることもある場所です。今年こそは日焼けしない紫外線対策と、日焼けをしてしまった場合の対処法を紹介します。

手の甲の紫外線対策は一年中必要?

夏は日焼け止めを忘れない人は多いはずですが、実は一年中日焼け対策が必要なのです。

春は太陽が低い位置にあるので降り注ぐ日差しは強く、4月~5月の紫外線が一年で一番強いのです。肌の状態も、乾燥した冬を越してきたところで、紫外線を浴びてしまうことで、日焼けだけでなく肌荒れにもつながります。

夏の日焼けには対処している人は多いですよね。日焼け止めを塗ることは当然ですが、日傘やつばの広い帽子で、紫外線から肌を守ります。加えてサングラスをすることで、目から紫外線が入らないようにすることができます。

秋になると、暑さが少し和らぐから、日差しが弱まったように感じますが、春と同じくらいの紫外線が降り注いでいます。肌も夏のダメージから角質層が厚くなっているので、ケアが必要で、日焼けの対策は欠かせません。

冬は紫外線の量は減ってきます。しかし乾燥の対策が大切になり、保湿に心掛けなくてはいけません。しかも量が減っているだけなので、日焼け止めを塗っていないと、いつの間にかに日焼けしていることもあります。

晴れの日はもちろん、曇りの日でも紫外線を浴びてしまいます。しかも室内でも日が差しているところでは、日焼けしてしまいます。

手の甲の日焼けの対処法!

手の甲の日焼け対策には、日焼け止めを塗ることが一番の対処法です。

日焼け止めをムラなく塗るために、片手で1円玉くらいの量を使い、内側から外側に向けて伸ばします。

手は洗うことも多く、服で擦れて落ちることもあるので、塗り直しをしなければなりません。2~3時間おきに塗り直すと日焼けしないと言われているので、しておきたいものです。絶対日焼けしないように対策する場合は、手を洗う度に、日焼け止めを塗り直すと効果的です。

日焼け止めと併用することで、日焼けしないように対策できるのは、日傘や帽子を利用することです。直接日差しを浴びないことは、髪の日焼け対策にもなります。帽子はつばの広いものを選びましょう。

夏はアームカバーをすることで、日差しを遮るので日焼け対策になります。裏がメッシュ素材になっているものもあり、暑さ対策もしているものを選び利用したいですね。

手の甲が日焼けしてしまった!対処方法は?

Processed with VSCO with f2 preset

手の甲に日焼け止めなど対策していたけど、うっかり日焼けしまったときは、まず冷しましょう。日焼けは肌が火傷している状態です。だから冷すことで、ダメージを最小限に留めましょう。

化粧水をコットンに浸して手の甲にのせて、3分間のコットンパックをします。時間を長くしても肌に入った化粧水がコットンに戻るだけなので、3分くらいがちょうどいい時間ですよ。

日焼けをしたときは、乾燥が進んでいるので、水分をしっかり摂りましょう。内側からのケアも重要になります。

肌がヒリヒリしているときは、ケアは化粧水をつけるくらいで十分です。炎症が治まったら、保湿をします。顔に付けている美白化粧品を手の甲にも付けて、ダメージを受けた肌のターンオーバーを元に戻しましょう。

手の甲を日焼けしない!予防しましょう!

手の甲を日焼け止めでケアするだけでなく、体の内側からも食事でケアすることも大切です。

抗酸化作用のある食べ物は、日焼けの予防には効果的で、活性酸素の発生を減らすことができます。そして日焼けをすると、メラニンが過剰に生成されてしまうので、メラニンの発生を抑制することも大切です。

その両方に効果があるのが、ビタミンCです。キウイフルーツ・ブロッコリー・赤ピーマン・味付け海苔などに多く含まれています。果物は生で、赤ピーマンは油炒めで食べるといいですよ。

もちろん手の甲には、毎日日焼け止めを欠かさず塗り、夜はクレンジングで、きちんと落としてから、ハンドクリームや美白クリームで、保湿を心掛けることも必要です。

まとめ

手の甲は一年中日焼けの危険にさらされており、紫外線対策が必要です。

日焼けの対処法は、日焼け止めをしっかりと塗り、2~3時間ごとや手を洗うごとなど、定期的に塗り直すことも大切です。

日焼けをしてしまったときは、化粧水でクールダウンしてから、美白クリームをつけて日焼けした後の肌のターンオーバーを正常に戻しましょう。

日焼け対策を忘れないことで、今年こそは日焼けしない!肌を目指しましょう。

Copyright© KIREI肌ラボ , 2021 All Rights Reserved.